« バスを待っているところ・・・ | トップページ | あかずきんちゃん »

最終面接・・・

只今、グリーンカード(期限付き)最終面接に向け、持参する書類などについて、調査中。

いろいろな、サイトを見ながら、情報を入手しています。1番心強いのが、友人Kさんの意見です。また、やはり、今までどういった経路で、グリーンカード取得に至ったか。などをかかれているサイト、ブログなどが、あるのでとても参考になります。健康診断は、やはり、受ける事になるのかなああ。と疑問ですが、いづれにせよ、準備はしておかなくてはと思っています。また、もし、面接の日までに、「健康診断」を受ける必要があるのなら、その結果を、面接の際、面接官に提出しなくてはならないのですが、その「健康診断」には“ツベルクリン反応”を受けなくてはならず、日本とアメリカの予防接種の方法が違い、日本で私が幼い頃受けた、“BCG”を受けた事がアメリカでは、何と悪い結果となってしまうそうなのです。というのも、もし、こちらで“ツベルクリン反応”を受けて「陽性」、と出た場合は=“結核患者” となり、半年間程、対処方法として、強い薬を飲み続けなければならないそうです。しかし、日本では、“ツベルクリン反応”が、「陰性」と出たら、必ず“BCG”を受けなくてはならず、その“システム”が、アメリカには無いそうなのです。涙 ここアメリカでは、“ツベルクリン反応”を受け、もし「陽性」ならば、“結核患者”として治療を要するのだそうです。参考ページhttp://www.johac.rofuku.go.jp/infection/drugs/vac-bcg.html  

ただ、日本で、“BCG を受けました”という正式な証明を病院で英訳してもらえば、アメリカでも医師に証明として出せるので、心配はないそうです。しかし、私の場合は今日、その事を知り、今から病院に行ける事も出来ず、あたふたしている所です。ただ、自分でBCGを受けたという母子手帳の英訳をし、その母子手帳と共に、医師に見せようかと考えている所です。もし、同じような境遇の方などアドバイスが、あれば是非教えて下さい  ただ、日本で、“BCG を受けました”という正式な証明を病院で英訳してもらえば、アメリカでも医師に証明として出せるので、心配はないそうです。しかし、私の場合は今日、その事を知り、今から病院に行ける事も出来ず、あたふたしている所です。ただ、自分でBCGを受けたという母子手帳の英訳をし、その母子手帳と共に、医師に見せようかと考えている所です。もし、同じような境遇の方などアドバイスが、あれば是非教えて下さい。。。。

|

« バスを待っているところ・・・ | トップページ | あかずきんちゃん »

「Green card」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« バスを待っているところ・・・ | トップページ | あかずきんちゃん »