« 管理人さん・・・ | トップページ | 新たな出会い!!! »

映画を借りました。。。

“誰も知らない(NOBODY KNOWS)”です。No1

映画自体は自体が有名で、子役の俳優の一人がカンヌで、賞を受賞した。などという事は知っていたのですが、何となく、暗い感じで、わかりやすい映画が好きな私にとって(単純 笑)観るのを避けていた作品でした(正直な所)映画でした。

Ca1

実際、2004年“カンヌ国際映画祭コンペティション部門”に出品され、長男役の柳楽優弥君が、日本人で初めての「最優秀男優賞」。また、カンヌ史上、最年少で受賞したとし、当時 大きな話題となった作品だそうです。

内容はというと、ストーリーのモチーフとなったのは、実際おきた事件であり、1988年 東京・巣鴨での「子ども置き去り事件」です。http://www8.ocn.ne.jp/~moonston/family.htm (中ほどにこの事件の詳細があります)

簡単に言うと、Oya  母親に置き去りにされた4人の子供達が、 Kodomo 子供達だけの生活を約1年続けるというもの。撮影にも1年以上をかけたそうです。

撮影の時には、子供達に台本は渡さず、監督のそのときどきの指示にて、演技をさせたという事です。そう言われてみると、Onnanoko    Otoko  子供達が生き 生きとして、自由に演技ではなく、動いていたといった感じで、とても素晴らしかったです。主役である、長男役の M1_1  “柳楽優弥君”の目の力の強さは、凄いなあ・・引き込まれる感じでした。

私の感想は・・・というと。 まず、実話だった事にショックを受けました・・・ そして、子供達は、何の罪も空く、無邪気で無垢で・・・ なのに、親は???大人は??? という事で、“怒り”と“悲しみ”を感じました。 ただ、その子供達の、“純真無垢”で“無邪気”な様子が、作品・また、実際に起こった事件(親の責任などなど)をより深く考えさせる事に繋がったのではないのかな?とも、思いました。 実際 起きた事件は、もっと 悲しくて残酷だったものだと思いますが、監督や子供達により、明るく、爽やかな感じがする作品に、(でも、すこし影がある感じが少しありますが)なっていたと思います。もし、観る気になったら、是非観て観てください!!!

こちらが、ホームページになります。 http://www.kore-eda.com/daremoshiranai/

|

« 管理人さん・・・ | トップページ | 新たな出会い!!! »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 管理人さん・・・ | トップページ | 新たな出会い!!! »