« 日本へ2週間ほど・・・ | トップページ | 水飲み大会・・・ »

硫黄島からの手紙(Letter from Iojima)

Iojima 今日、硫黄島からの手紙(Letter from Iojima)を、見てきました。

こちらフェニックスでは、1箇所の映画館での公開で、昨日から公開というのも、ニュースで聞いただけで、CM等で日本のように大々的には観ていなかったので、知らない方も多いかもしれません・・・

もう一つの、、“父親たちの星条旗”の方は、大々的に宣伝していたので、何でだろう???と思う反面、何だか寂しいものを感じました・・・

話は戻り、もう既に観た方もたくさんいらっしゃると思うのですが、念の為、簡単にストーリーを説明すると・・・

“父親たちの星条旗”に続く

「クリント・イーストウッド監督」による“第二次世界大戦での硫黄島の激戦”を日米双方の視点から描いた物のうちの “日本軍の視点からの作品”です。

Iojima_3

米軍が、5日で終わると予想していた戦いを、 硫黄島にいた日本軍が、36日間も持ち堪え、その中での兵士達の葛藤を描いた作品です。

簡単にうまくまとめられないのですが、やっぱり、戦争は辛いです・・・

味方も敵もない、“人間対人間”の殺し合い。。。。。。

彼らが命がけで戦い、“お国の為”、“愛する物の為”に、自ら犠牲になり、守ろうとした日本。

この国に、生まれ日本人として生きている、 たくさんの犠牲の上に・・・

という事を深く感じ、また日本人として誇りを感じた映画でした。。。。

渡辺謙さん扮する・栗林忠道中将の“長”としての凛とした姿 や自ら先頭に立って皆を引っ張っていくシーンなどには、 とても心を動かされました。

また、伊原剛志さん(バロン西)の演技も、とても素晴しかったです。

そして、想像以上に光っていたのが、二宮和也さん(西郷)の存在・演技でした。

今現在の日本が、平和であまりに、当たり前に過ぎていく日々の中で 、この映画は、本当に日本がどのようにして、今の平和を手に入れたのか?

戦争とは、どういうことで、何を失ったのか?

また、“激戦の地で亡くなられた方々の事を決して忘れてはいけない”

などを改めて考えさせられました。。。

|

« 日本へ2週間ほど・・・ | トップページ | 水飲み大会・・・ »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 日本へ2週間ほど・・・ | トップページ | 水飲み大会・・・ »